対象となる建築物について
報告を怠るとどうなるの?
定期報告の流れ
専門会社に任せるメリット
信頼できる業者の選び方
調査料金の目安
建物定期調査.netが選ば
   れる理由
自分でできる建物診断
スタッフ紹介


有限会社平和綜合サービス

〒110-0016
東京都台東区台東1-9-4

[お気軽にお問い合わせ下さい]

お問い合わせフォーム

プライバシーポリシー

協力業者募集

サイトマップ

トップページ対象となる建築物について



定期報告制度は、特定行政庁が指定する建築物の調査・検査の結果を報告することを所有者(所有者と管理者が異なる場合は管理者)に義務づけることにより建築物の安全性を確保することを目的とした制度です。(法第12条第1項及び第3項)。
特定行政庁・・・建築確認等を行っている行政庁の長。都知事、23区長、八王子市長、日野市長など

特定行政庁が指定する建築物が定期調査・定期検査の報告の対象建築物となります。



劇場、百貨店、ホテル、病院、物販店、共同住宅、事務所など多くの人々が利用する建築物の安全性を
確保するため、定期調査・定期検査の対象となる建築物の用途・規模・報告時期が以下のとおり定めらています。

定期報告が必要な建築物及び報告時期一覧
    用途  用途に供する階又は規模  報告の時期
          
特殊建築物等定期調査   
 劇場、映画館又は演芸場  A>200㎡ 又は
 主階が1階にないものでA>100㎡
毎年の
11月1日から
翌年の
1月31日まで
(毎年報告
 観覧場(屋外観覧席のものを除く)、公会堂
 又 は集会場
 F≧3階 又は A>200㎡
 *ただし、平家建てかつ客席及び集会室の床面積の合計が400㎡未満の集会場を除く。

 旅館又はホテル  F≧3階 かつ A>2,000㎡
 百貨店、マーケット、勝馬投票券発売所、場外 車券売 場又は物品販売業を営む店舗  F≧3階 かつ A>3,000㎡
 地下街  A>1,500㎡
 病院、診療所(患者の収容施設があるものに限 る。)又は児童福祉施設等(令第19条第1項に 規定するもの)  F≧3階 又は A>300㎡
 *ただし、平家建て、かつ、
 床面積の合計が500㎡未満のものを除く
平成25年の
5月1日から
10月31日まで(3年ごとの報告)
 旅館又はホテル(用途コード13のものを除く。)   F≧3階 又は A>300㎡
 *ただし、平家建て、かつ、床面積の合計が 500㎡未満のものを除く
 学校又は体育館  F≧3階 又は A>2,000㎡ 
 博物館、美術館、図書館、ボーリング場、スキー 場、スケート場、水泳場又はスポーツの練習場   F≧5階 かつ A>1,000㎡
 下宿、共同住宅又は寄宿舎の用途とその他の 用途( 用途コード34を除くこの表に掲げられる用 途)の複合用途建築物  F≧5階 かつ A>1,000㎡
 百貨店、マーケット、勝馬投票券発売所、場外 車券売場又は物品販売業を営む店舗(用途コ ード14のものを除く。 )  F≧5階 かつ A>500㎡ 平成26年の
5月1日から
10月31日まで(3年ごとの報告
 展示場、キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー、 ダンスホール、遊戯場、公衆浴場、待合、料理 店又は飲食店   地階若しくはF≧3階
 又は A>500㎡
 複合用途建築物(用途コード28及び34のものを 除く)  F≧3階又はA>500㎡
 事務所その他これらに類するもの  F≧3階 かつ A>1,000㎡
 *但し、5階以上の建築物で延べ面積が2 ,000㎡を超える建築物に限る
 下宿、共同住宅又は寄宿舎  F≧5階 かつ A>1,000㎡ 平成24年の
5月1日から
10月31日まで(3年ごとの報告
建築設備定期検査   換気設備(自然換気設備を除く)    上記の特殊建築物等に設けるもの 毎年報告
(前年の報告の日から起算して1年を経過する日まで)
 排煙設備(排煙機又は送風機を有するもの )
 非常用の照明設備
 給水設備及び排水設備(給水タンク等を設 けるもの)
注1 本表は東京都建築基準法施行細則第10条に基づいて作成しております。
注2 F≧3階、F≧5階、地階若しくはF≧3階とは、3階以上の階、5階以上の階又は地階でそれぞれ、
     その用途に供する部分の床面積の合計が100㎡を超えるものをいいます。
注3 Aは、その用途に供する部分の床面積の合計をいいます。
注4 共同住宅の住戸内は、特殊建築物等の調査の報告対象から除かれます。
注5 毎年報告を要するものは、その年の11月1日から、翌年の1月31日までに、3年毎に報告を要するもの
      は、該当年の5月1日から、当年10月31日までに報告願います。
注6 報告免除:建築物を新築又は改築(一部の改築を除く。)され、検査済証の交付を受けたものについ
      ては、その直後の時期の報告が免除になります。


※尚、上記に該当しない建築物も、建築基準法では、建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならい(第8条第1項)とされています。(定期報告する義務はありません。)





 まずは、お気軽にご相談ください。
 1.ご相談・見積はもちろん無料です。
 2.当社から不要なセールスは一切ありません。
 3.ご相談・見積をされても依頼する義務は全くありません。現地調査・見積後
     でも見合わせたい場合は遠慮なく見合わせて頂いてOKです。


トップページ特殊建築物定期調査建築設備定期検査運営会社概要お問い合わせ
対象となる建築物について報告を怠るとどうなるの? 定期報告の流れ専門会社に任せるメリット信頼できる業者の選び方
調査料金の目安建物定期調査.netが選ばれる理由 | 自分でできる建物診断スタッフ紹介
お問い合わせフォームプライバシーポリシー協力業者募集サイトマップ       

Copyright (C) 2012 Heiwa-Sougou Service All Rights Reserved.